国産車でフォーマルなSUVという車種を考えるときに、筆頭に上げられるのがヴァンガードです。

大型SUVを乗りこなすための基礎知識

フォーマルなSUVという車種の代表でもあるヴァンガード

これまでセダンに乗っていた人もクラウンやマークXの若返りぶりを見て手を出しづらくなったを感じる人もいることでしょう。ちょっと落ち着いて乗りたいと思っている人にはアンマッチな感じに思えるのです。
こうなると外国車にいきたいところですが、なかなかプライスに折り合いがつかないという場合には、思い切ってSUVにしてしまうというのもいいでしょう。ドイツの高級車メーカーはこぞってSUVをラインナップに加えていっています。
これまでセダンやワゴン中心だったものが大きく変わろうとしています。
この価値観のチェンジはやがて日本にも伝播してくるでしょう。SUVもフォーマルに受け止められる時代がくると思います。
国産車でフォーマルなSUVという車種を考えるときに筆頭に上げられるのがヴァンガードです。

これまではハリアーがフォーマルなSUVという新しいジャンルを切り開いた先駆者だったのですが、レクサスに移行して少し高いプライスの車種になってしまいました。
トヨタブランドとしてはハリアーの後継はヴァンガードでしょう。確かに悪路を走破するSUVというイメージではなく都会をクルーズするハイウェイツアラーの性格を感じとることができます。
ヴァンガードがデビューした頃に流れていたCMも都会をクルーズする姿が映し出されていました。
車体の大きさ故に存在感もあってセダンの持っているステータスをそのままヴァンガードにも見ることができます。

おすすめ!